Oh, Canada!

アクセスカウンタ

zoom RSS ”ドルフィン” と ”タトゥ”

<<   作成日時 : 2004/09/25 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
最近『ボディアート』を入れてみた。
『ボディアート』とは、一見、タトゥに見えるのだが、本物のタトゥではないもの。
皮膚が三層になっていて、二層目に入れるのが『ボディアート』との事。
なので、数ヶ月〜数年で消えていくらしい。
しかし痛みは伴う。
本物のタトゥを入れている人からは、”邪道”なのかもしれないが。。。

一個目は、肩に”ドルフィン”を入れた。
小さくて、これがホントにカワイイ。全く痛くなかった。
自分ではあんまり見えないのだけど、これは大好評だった。
なぜ”ドルフィン”にしたというと、メキシコで一緒に泳いだのが忘れられなくて。
キスもしてくれる、背びれに捕まって泳がせてもくれる。
後ろから私の足を思いっきり押して、スーパーマンのように泳いだりも出来た。
1時間位だったけど、離れたくなくて困った。

二個目は、腰に”バラをくわえた飛んでいる鳥”を入れた。ちょっと日本画風。
これはかなり大きい。腰に入れるのはちょっと痛かった。
”ベルばら”を読みながら、約1時間耐えた。

カナダでは、女性男性問わず、タトゥを入れている人をよく見かける。
変な意味の漢字の文字を入れている人もいる
(時々指摘してあげたくなるけど・・余計なお世話かな)
タトゥを入れる意味は人それぞれだろう。

ファッションとして入れる人
何か想いを込めて入れる人
誰かを想って入れる人
何かの記念に入れる人
何も意味を持たせない人

色々だと思う。

私は、理由は何でも別にいいと思う。
体を傷つける事を快く思わない人もいるだろう。
それもわかる。

私が15年前に耳にピアスを入れた時、両親はそれはもう激怒した。
けど今回は怒らなかった。
それは多分私が年齢を重ねて、私が外見・内面共、
自分自身の”スタイル”を持っている事に気づいたからだろう。
年を重ねると色んな面でなかなか自分を変える事は難しく、
自分自身がそれを一番良く分かっているのに出来ない、というのが現実だと私は思っているし、
両親もそれをよく分かっているのだろう。
ただ同時に私は、変える事・変えていく事への貪欲さも忘れたくないと思っている。

私が入れた理由は、ある。。。ここには書かないけれど。
これが私の体と心に馴染んできたら、本物のタトゥを入れる予定である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TATOOを入れたくなる番組?-MIAMI INK by TLC
最近、お気に入りの番組がTLCチャンネルの"MIAMI INK" この番組はサウスマイアミにあるTATOOショップのリアルストーリー。 ...続きを見る
Oh, Canada!
2005/09/06 18:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”ドルフィン” と ”タトゥ” Oh, Canada!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる