Oh, Canada!

アクセスカウンタ

zoom RSS 円すい形コーヒードリッパー-ハリオ式珈琲

<<   作成日時 : 2010/04/12 17:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3年前に日本で購入した円すい形のプラスチック製のコーヒードリッパーが壊れてしまった。
カナダでは陶器で出来たコーヒードリッパーを売っているのは見たことがなく、日本から陶器の円すい形のドリッパーを購入。

専用のコーヒーフィルター(三角形)はカナダでは探せず、専用フィルターがなくなった後は面倒になって普通のコーヒーフィルターで無理矢理使っていたけれど、今回は専用フィルターも1000枚ほど一緒に購入した。

我が家でコーヒーを飲むのは私だけなので、コーヒーメーカーでコーヒーを作るのはお客様がたくさん来てくれた時だけ。

陶器製の円すい型ドリッパーは、ハリオグラス(株)のもの。

画像


画像


円すい型の特徴とは・・・

@円すい型なので、注がれたお湯が中心に向かって流れるため、コーヒー粉に触れる時間が長くなることで、コーヒーの成分をより多く抽出することができる。

A大きなひとつ穴だけで、この大きな穴からペーパーの先端が出ることで、注がれたお湯がドリッパーからの制限を受けることなく、よりネルドリップに近い抽出ができる。

Bドリッパー内部の凸部を高く上部まで付けることにより、ペーパーとドリッパーの密着を防ぎ、空気の抜ける空間ができる。蒸らしの際にこの空間から空気が抜け、コーヒー粉がしっかりと膨らむ。


有田焼で、白なのに微妙に青がかかっているのがとても美しく、毎朝コーヒーを淹れるのが楽しみになる。
グッドデザイン賞も受賞しているそうで・・・。

コーヒーを淹れる時はかなり慎重な私。

映画"かもめ食堂"で、コーヒーの淹れ方を伝授していたおじさんがいたけれど、私も粉をペーパーの中に入れた後、指で少し真ん中を押して穴を作る。
そこを目がけて、口の細くなった専用のポットからお湯を少し注いで30秒待つ。
次にお湯がペーパーに直接かからないように、粉が膨らんで盛り上がるように2,3分かけてお湯を注ぐ。

画像


朝のコーヒーの出来は、その日の気分さえも変える。
美味しく入ったときは気分がいい。

コーヒー豆は、Saltspring Coffeeのものばかりだけれど、アメリカでこんなものを見つけたので買ってみた↓

画像


Food Networkで放送されていたEveryday Italianという料理番組で人気の出たGiada De Laurentiisのコーヒー。

Italian Roastで濃い目だけれどクセはなく、なかなか飲みやすい。コーヒー以外にもパスタソース、パスタ、ドレッシング、キッチン用具等があって種類も豊富。パスタソースも買ってきたので、美味しかったら他の種類も食べてみたいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
円すい形コーヒードリッパー-ハリオ式珈琲 Oh, Canada!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる