両親の帰国、オリンピック閉会・・・

Back to normalです。

約1ヶ月滞在していた両親がオリンピック閉会式当日帰国。
空港の混雑を心配していたものの、実際にはほとんど影響なし。

こんな人もいました↓

画像


全然動かないので最初はマネキンだと思っていたら・・・↓

画像


時々動いてました。

画像


ネットでは売り切れだった男子アイスホッケー、チーム・カナダのLanyardを見つけて購入↓

画像


裏側には選手一人一人のサインプリントが入っている。


前日にネットで買ったコインセットも、空港では1セット買うと、もう1セットもらえるというセール(しまった・・・)↓

画像



ネットでは他にこんなものを購入↓

やっぱり87番シドニー・クロズビー

画像


画像


**********

祖父母とのお別れに息子は泣くかわりに

『飛行機に乗るりたいもん!!』

と激怒。
カルガリーでルナを預けたときと同じリアクション。
彼なりの寂しさの表現なのでしょう。

今回の両親の目的は【改装の手伝い】と【オリンピック】。
働くのが大好きな両親。
改装の手伝いも毎日手伝ってくれました。
オリンピックもいくつかゲームを観戦し、かなり楽しめた様子。

普段身内のヘルプが受けられないので、この際に・・・とばかりナイトアウトや買い物、ゆっくりと一人の時間を楽しもうと思ったけれど、然うは問屋が卸さない!
彼らだけでは移動が出来ないので、オリンピック会場への送迎、買い物に付き合ったりとか、なんやかんやでいつもより忙しく、たくらんでいた計画はほとんど実行できず(涙)

右も左も分からない両親と息子を連れて、パビリオン巡りまでする気合いもなく。

でも両親と充実した時間を過ごせたので感謝することにします(苦笑)

**********

オリンピック最終日は、男子アイスホッケーのカナダVSアメリカの試合。

ひゃ~、すごいね、最後にこんなカードになるとは!!

空港から戻ってすぐにピザを作り始め、ビールもたっぷり用意して家族でテレビ観戦。
2-0でカナダが勝っていたのに、1点返され、3rdピリオドの本当に最後の最後で同点に追いつかれる。
この時点でもう私は涙目。
かつてこんなにエキサイトした試合はないかも。

心臓にものすごく悪い試合でした(心臓に問題のある私には本当に痛かった・・・)

オーバータイムはもう見ていられなくて、チャンネルを変えた私(意気地なし)

仕事に行った配偶者からの電話

『Richie、カナダが勝ったよ!』

で、慌ててチャンネルを戻したら大歓声。

テレビで観るバンクーバーの街はまさに狂喜の渦。
かつてこんなに人が集まったことはなかったのでは?
宴は夜中まで続いた様子。

私は1994年のスタンレーカップ(バンクーバー・カナックスVSニューヨーク・レンジャーズ)の時の暴動を体験しているので、もしカナダが負けたら恐ろしいことになるだろうなと思っていたけれど。
(まぁあの時よりは警備も多いし、大丈夫だったかもしれないけれど)
バンクーバーのメインストリートのロブソンストリートのお店のショーウインドーが破壊され、アラームは鳴りっ放し、死者も1名出た。
(略奪とかはあまりなかったらしく、そこがバンクーバーっぽいといえばバンクーバーっぽかったかも)
最後には催涙ガスで暴動を止めないといけなかったくらい。
私も催涙ガスの被害に遭ってしまった(暴動が起こっている時、外で騒いでいたわけではないですよー)

当時、現在主にHMVとCTVが入っているビルが市立図書館だったので、事件後、騒ぎを起こしている人物達の写真を大々的に外の窓に貼り付け、犯人探しをしていたバンクーバー市警。

日本では

『これはロサンゼルスでもニューヨークでもありません。
北米のカナダ、バンクーバー市で起きた暴動です』


と報道されたとか・・・。


下の写真は私が実際に撮った1994年のスタンレーカップ期間中のバンクーバーのダウンタウンでの写真↓

画像


画像


靴屋のALDOの看板に時代を感じます・・・↓

画像


こうやって信号機に登っちゃう人とかいっぱい↓

画像


今回はハメを外す人達はいたものの、勝ったこともあって平和的にお祝いのお祭り騒ぎができたみたいで良かった。


**********

閉会式は自虐的なジョークも多く、ダサダサなセレモニーだったけれど・・・。
個人的にはとても良かったなーって。

だってこれがカナダですもん。

カッコつけてやっても無理があるのがカナダ(いや、バンクーバーか)
あえてカナダのダサさを見せつけた手法に拍手。
何もかもカッコよくやる必要はないと思うので。



17日間のオリンピックの感想としては、カナダ人の奥底にあった【愛国心/patriotism】を感じた日々だったかな。

オリンピックが始まるまでは、

"開催都市なのにこんなに盛り上がらなくて大丈夫なの?"

と実はちょっと心配していたし、2月といえば雨季のバンクーバー。
そんな雨降りのバンクーバーに他の国から来ても、バンクーバーの良さはあまり感じられないんじゃないかと心配していた(春や夏だったらお天気も良くて景色も綺麗だし、"またバンクーバーに来たい"と思ってもらえるのではないかと・・・)

ところがどっこい。

聖火リレーがだんだんバンクーバーに近づいてくると、やっとみんなが盛り上がってきて、カナダの選手がメダルを取るたびに街は多くの人でお祭り騒ぎ(結果、金メダル14個で冬季オリンピックでの歴代最高記録。ちなみに一位はアメリカの金・銀・銅合計37個、これも歴代最高記録)

街が日ごとにカナダのカラー、で埋め尽くされていく。
一週間目は春並みの快晴が続き(雪不足で大変だったけれど)、Spring Olympicと言われたくらい。
他の国から観に来ている人達にも、バンクーバーの評判は上々。

普段、娯楽が少ない街なので、市民がこうやって盛り上がってしまったというところも一因としてはあるのだろうけれど、今までのオリンピックに長く携わっているテレビキャスター曰く

『こんなに盛り上がったオリンピックは今までに体験したことない』

とまで。

そうやって聞くとなんだか嬉しかったりしてね。
いつも何かあっても一歩下がって白けた感のあるバンクーバー市民しか知らないので。
(ヨガソンとかで感じるバイブはまた違いますが・・・)

開催都市に住んでいて、一生に一度経験できるか出来ないかのコトだし、もし市民が盛り上がっていなかったらちょっと寂しすぎたかも。

私はカナダ人ではないので【愛国心】はないけれど、カナダに住まわせてもらっている身の上からいくと

【愛着心】

なるものはあるのだな~と。

多民族・多文化のカナダ。
このオリンピックで人々が経験して感じ取ったことがどう動いていくのか、ちょっぴり注目。

オリンピックで使いまくったお金の負担はここに住む人達に重くのしかかってくることでしょう。
だけどもう楽しんでしまった後のこと。
文句を言いながらも結局住んでいる私達が払っていくしかないのでしょうね。

最後に選手の皆さん、ボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でした。


【おまけ】

今回のオリンピックで一番笑えたショット↓

ウィスラー・ヴィレッジで歩きながら差し出されたピッチャーからビールを飲むJon Montgomery選手(スケルトン男子金メダル)
(公共の場での飲酒は禁止されているんですけどね、ここでは・・・(苦笑)
きっとものすごく美味しい祝杯だっただろうな~。

画像


オリンピックの選手達、いろいろな職業の人がいるけれど、ちなみにこの人は"中古車販売"だそうで。
他にも"消防士"とかも・・・。

この記事へのコメント

りのっちゃ(りのりん)
2010年03月06日 10:42
色々とお疲れさま~
お互い忙しくて、しばらくご無沙汰してしまったので、また近いうちに遊びましょうね!

にしても94年の写真、ひっぱりだせるなんて、すごいっ!私なんて整理が悪すぎて、昔の写真なんてどこへあるのやら。。。。。

あと色々とRitchieさんが私も言いたいこと、書きたいことを書いてくれていて、なんだかすっきりしました。(自分のブログには書けなかったので。また時間が出来たら、しつこく五輪記事を書くつもりだけど)
ともちゃん
2010年03月06日 14:46
ご両親滞在中はいろいろと忙しかったよう
ですね!おつかれさまでした!
閉会式の日に帰国されてよかったですね。
次の日は空港も混雑してたようですよ!
オリンピックは終わりましたがまだまだ
ダウンタウンのThe Bayはオリンピックして
ますよ。クロスビーのTシャツも売ってあり
ました♪購入されたのはメンズですよね?
ホッケーの試合の日は夜中の2時過ぎまで
パーティーな声が響いてました(苦笑)
1994年は暴動が起きてたんですね?
全然知りませんでした・・
でも確かにカナダが負けたらおだやかには
すまないだろうなぁとは思ってましたけど。
コインセット買ったんですね!
カナディアンロイヤルミントはパラリンピック
の時もオープンするかもしれないらしいので
見に行けるといいですね!
ゴールドメダル重かったですよ!
aoi
2010年03月06日 15:29
今頃は両親が居なくなった後の大掃除と寂しさが一杯かな?
なんていってられないか!ルナと息子、だんながいるもんね!
しかし、すごい盛り上がりだったね。ホッケー。こればかりはカルガリーもすごかったよ。
94年の写真、笑える!服装も皆ダサダサで田舎っぽさがでて、懐かしい。あの頃のバンクーバーにもう一度会いたいなぁ。
私もダウンタウンにいて、ガスの前に脱出(その頃はスカイトレインでホームスティ先にかえる途中だった)ママたちにめちゃめちゃ心配されたよ。これまた別の思い出だね。
ハナママ
2010年03月06日 15:43
ご両親帰られてしまったんですね。
観光案内等の忙しさがなくなるのと共にオリンピックまで終わってと少し寂しくなっていないでしょうか。

94年のロブソン。
なんだか笑えますねー!
確かに服装ダサダサですが、そんな服装の若者が今もいたりするのがカナダらしさなのでしょうか・・・。

うちの純カナダ人はオリンピックが始まっても終わってもまーーーったく興味がなく、アイスホッケーの最終試合は相方は家に置いて、友達の家で盛り上がりました。金取ったよーってすぐに電話かけても、「I see」と抑揚のない声。日本人の私のほうが喜んでいるなんて・・・。
2010年03月06日 16:25
★りのっちゃさん★
ほんと、全然まともに会ってないものね。近々遊びましょう♪

94年の写真だけじゃなく、赤ちゃんの時から現在まで出せるよー(^^)v
そのつどかなりマメに整理していたから。でも古い写真を出すのは久しぶりで、思わず昔の写真を全部見たい衝動に駆られたけれど、莫大な量なので(時間を取られるのが)恐ろしくなって止めましたw

私はオリンピック関係はこれで終わりかな。パラリンピックを観戦に行くかもしれないけれど。
楽しんじゃったけれど、色々言いたいことはあるよね~(笑)
2010年03月06日 16:36
★ともちゃん★
はい、メンズのTシャツを買いました!(配偶者とシェアできるので♪)
The Bayには一度足を運びたいです(パラリンピックが始まる前に)

コインセットは両親が欲しがったので、ネットで買って送りました。ミント・パビリオン、もし行けそうだったら頑張ってみます!並ぶだろうな~。

94年の暴動はすごかったですよ。
私も何も知らない小娘でロブソンで一緒になって勝つたびに騒いでいたけれど、時々怖い思いもしたことも・・・。集団心理は一度働くと収集がつかなくなるので。負けた日はアパートから出ませんでした。
2010年03月06日 16:47
★aoi★
いや~、親がいなくなってもそんなに寂しくはないよ(ハム夫のほうが寂しがってる(笑)

そうか、やっぱりホッケーの時はカルガリーも盛り上がってくれたか!!テレビではね、カルガリーの様子は全然映らなかったのよーーー。
盛り上がっているトロントの街の様子とか、クロズビーのホームタウンの様子は映っていたけれどね。

94年の頃のバンクーバー、ださかったよね~(笑)
でもこの写真の若者達、これでもまともなほうだったかもよ(笑)
"Reality Bites"や"Melrose Place"とか思い出すね。
今じゃバンクーバーもオシャレな建物もお店も増えたけれど、当時はロブソンストリートにもまだ普通の家が建ってたりしてたし。
サーローにスタバ(南西側)がもう一つ出来たりして少しずつ街が変わっていき始めた頃だったのかもね。
SEARSじゃなくて、EATONSだったしね。
あの頃のバンクーバーにタイムトリップしてみたいかも?
2010年03月06日 16:55
★ハナママさん★
オリンピックやホッケー、カナダ人でも興味のない人はたくさんいますよー。ハナママさんのところはそのうちの一人だったんですね。
でもお友達のところで盛り上がれて良かったですね♪

やっと普通の生活に戻りつつ・・・私は気分的には楽になったかな。あっという間の1ヶ月だったような。。。。

94年の若者の格好と同じような格好をしている人、まだいますね(笑)
この頃も既にホッケージャージーなるものは売っていたけれど、今ほど着ている人は見かけず。当時、ロシアから来ていた選手がものすごい人気でした。確かに彼はすごかった。
Masa
2010年03月07日 23:01
とっても久しぶりです。いとこのMasa@長野です。

こちらからはずっと連絡ができなくてごめんなさい。元気に田舎暮らしを満喫しています。

オリンピック、まさに当地で楽しめたようだね。おじさんおばさんも一緒にだったようで何よりです。お二人とも変わらずフットワークが軽いね。素晴らしい。

こちらもテレビでフィギアを中心に楽しませて
もらいました。本当に希望と心配と感動の嵐でした。選手はもちろん、支えてこられた皆さんに感謝です。

バンクーバーに行ったのももう15年前ほど前になるね。とても懐かしく思います。本当に近いうちにいきたいなぁ。

こちらはしばらく春の陽気だったけど、また今日は雪がちらついてた。そちらはどうかな?体調には十分気をつけてね。

皆さんによろしく。またブログ読ませてもらいます。
2010年03月08日 05:28
★Masa君★
わ~、久しぶり!元気にしていたかな?奥様はお元気かな?もう何年会ってないでしょう。すごいよね、こんなに長く会っていないなんて。

いや~、うちの両親は本当に元気いっぱい。年を取っても元気で健康でいたいという姿勢は見習わなくてはいけないです。
楽しくオリンピック体験を出来たと思います。

フィギュアの演技はみんな素晴らしかったです。初めて生で観ることが出来て本当にラッキーとしかいいようがありません。

こちらは例年よりかなり暖かく、桜がもう満開&満開に近いです。
でもまだ雨が降る時期でもありますが・・・。お互い身体に気をつけようね。
奥様にもよろしく伝えてください。
いつかバンクーバーにも遊びに来てね。大歓迎です。
2010年03月14日 23:43
Richieさんのバンクーバーオリンピックレポート、本当に楽しかったです!
フギュアスケートまで観られたとはビックリしました!!
そして何よりご両親様もお揃いで、素晴らしい時間を過ごされましたね。

今大会は選手それぞれにストーリーがあり、とてもドラマティックだったように思います。私も燃えに燃えました~~
2010年03月15日 08:29
★MANAさん★
ありがとうございます。
もっと綺麗な写真をアップしている人達が多いので、綺麗に写真が撮れなかったのが悔しいですが・・・自分なりに楽しめたので良かったです。

フィギュアを生で観れたのは一生の思い出ですね。チケットが取れて本当にラッキーでした。両親も嬉しかったと思います。

残念ながら日本の選手のインタビュー等はこちらではほとんど観られず(NHK国際放送でもカットがほとんどだったのです)、日本でどういうふうに放送されているのか分かりませんでした。
大変な始まりでしたが(ルージュでの練習中の事故死)、いろんなストーリーと思いの詰まったオリンピックだったと思います。

この記事へのトラックバック