Oh, Canada!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本到着-乳児を連れての飛行機

<<   作成日時 : 2007/09/03 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本に到着

成田に着いた途端、インドネシアかタイにでも来たかと思ったくらい、暑い

そしてものすごい湿気

暑いのが平気な私でも、この湿気にはかなわず

今回はJALを使っての里帰り。
事前にJALファミリークラブに入会。そしてJALファミリーサービスを申し込み。

このサービスがなかったら、息子を連れての飛行機での里帰りは倍以上疲れていたと思う。

チェックインから搭乗ゲートまでの案内、搭乗ゲートには席が用意してあるし、搭乗は一番最初。
持参したストローラーも搭乗ギリギリまで使える。

今回はバシネット(ベビーベッド)↓↓↓をリクエスト。

画像


これはシートベルトサインが消えている時は使用可で、10キロ位までの赤ちゃんならOK。
席に着いた途端、客室乗務員が隣の席が空いていないか確認してくれた。
ラッキーな事に隣の席が空いていて、息子と二人で二席+バシネットが使えたので窮屈な思いは全くなし。

食事を持ってくるタイミングも聞いてくれるし、何度も席にやってきてくれて、用はないか聞いてくれる。
トイレに行きたい時は、息子を抱っこしてくれるし、オムツ替えでトイレに立つ時は、オムツ替えが出来るトイレが空いているかどうか無線で確認までしてくれる。

到着後、降りるのは一番最後だが、降りるとすぐにストローラーを用意して待っていてくれて、係員の人が入国審査→荷物受取(ベルトコンベアから荷物まで降ろしてくれた)→税関まで着いてきてくれた。
それから私は国内線に乗り換えだったけれど、国内線チェックインカウンターまでスーツケースを運んでくれたのは本当にありがたかった。

国内線の搭乗口まで着いてきてくれるし、到着後もまた荷物をベルトコンベアから降ろしてくれて、両親の待つ到着ロビーまで運んでくれた。

なので持参した抱っこ紐を使う事は一度もなく、重い荷物を持つ事も一度もなかった。

エコノミークラスなのに、ビジネスクラス並(以上?)の待遇だった。

もし帰国の時、また子供と二人だった場合は、成田空港と関空のJALのラウンジが利用可能である。ここには授乳室やオムツ替えも出来る場所があるらしい。

JALファミリークラブに入るには年間30アメリカドルがかかるけれど、払ってでも利用したい、素晴らしいサービスだった。

それにファミリークラブには日本の家族も一緒に加入できて、マイレージが貯められるので、貯まるのも早い早い

初の富士山をバックに写真撮影↓↓↓

画像


日本の湿気にはやられているけれど、日本の夏を満喫中です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本到着-乳児を連れての飛行機 Oh, Canada!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる